6月14日(Ground Canyon NP-1)

グランドキャニオン国立公園(13日目午前)

今日は一日かけて、グランドキャニオンをシャトルバスで巡ります。
時間は朝の7時です。天気も良く真っ青の空、シャトルバス乗場で待っているところです。
20090614075424(1)







shuttle4







シャトルバスには3つのルートがあり、
Grand-Canyon-Shuttle-Bus-Map2
午前中は、VillageKaibab Trailのルートを乗り継ぎ東端のYaki Pointを目指すことにしました。 
GC16
ルート拡大図
約1時間でYaki Pointに到着、キャニオンが鮮明に見えています。 尚、Sun RiseやSun Set時には鮮やかな色彩の変化が楽しめる場所だそうです。 
GC12

ただ、東の方になると山火事の影響が未だ残っており少し煙っています。

GC4












GC5

GC15











グランドキャニオンには柵とか囲いというものが殆どなく、一寸先が絶壁です。
GC9

その後、インフォメーション・プラザに移動、ここにはビジターセンターもあり、入館してみました。
20090614095422(1)










GC24



グランドキャニオンの情報がいっぱい





GC25

地層の模型
(コロラド川が赤くないのは緑の地層まで侵食が進んでいるのかも?) 




GC37

グランドキャニオンの地形模型
(コロラド川の流れ方がよくわかります)




ビジターセンターを出たところに「時間をかけてこのメッセージを読んでください」との立札が、
GC36
「ハイキングが楽しみとなるか或いは後悔となるか」それは、あなたの選択と責任です。
夏場のハイキングはDANGER ZONEを避けるようにしてくださいとの警告。
GC33
トレイルを4.8Km(1時間半)ほど下るとDANGER ZONEに突入します。暑い夏の日には、峡谷内の温度が38℃~49℃と焼けるように暑くなるのでご注意ください。結果として頭痛、吐き気、および嘔吐 最悪の場合は死に至ることがありますと。今回は渓谷内のトレイルを歩く予定はないのですが、コロラド川の近辺はかなりの高温であることが分かりました。

引き続き、Mather Pointへ移動、キャニオンの眺めです。
GC21
ここでやっとコロラド川の水面が僅かに見えてきました。
GC22





緑色の水面
(右側拡大)




GC23




緑色の水面
(左側拡大)






次いでYavapai Pointに移動しました。

GC82
ここも 一寸先は谷底です
GC40

ここから、リム・トレイルを徒歩で出発地点に戻ります。
GC41












遠くにEL Tovarの建物が見えます
GC42
ノース・リムまでの眺め
GC84
崖ぷっちから谷底が~
GC85

約1時間かかり11時50分、出発点に戻ってきました。
GC43











昼食後は、Hermits Restのルートを巡ります。

(
(6月13日(Ground Canyon Via Antelope Canyon
)
 
|
 
6
月14日(Grand
 Canyon NP-2) 
)


tedd707 at 17:54|PermalinkComments(0)